キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 事故物件だった場合どうする? : 仙台市の任意売却がもっと好きになるサイト

仙台市の任意売却がもっと好きになるサイト

住宅ローン事故にもいろいろありますが、仙台市での任意売却をする場合は、事故物件かどうかもポイントになります。

仙台市の任意売却がもっと好きになるサイトのメインimage

新着記事

任意売却は債権者の意見優先

仙台市の任意売却に関しては、債務者と債権者、第三者的存在の専門家が話し合いをします。同意を得て初めて成立します。

任意売却の依頼から解決までにかかる時間

仙台市で任意売却をすることになった場合、解決までにはどのくらいの時間がかかるのでしょうか?

事故物件だった場合どうする?

仙台市で家を購入する場合、普通よりも安い価格の家は事故物件の可能性が高いと考えられます。

事故物件といってもいろいろなケースがありますが、一般的にはその家や建て直す前の家、つまり同じ場所で事故死や自殺、病死をした人がいる時に事故物件と扱われます。

他にはシロアリや地盤に関する問題など、安いというからには何らかのマイナス要素があるのです。

仙台市に住みたいからと中には安ければなんでもいいという人もいますが、ほとんどの場合は終の棲家となるわけですから、自分から進んで事故物件は選びません。

安いのは魅力もありますが、必ず理由がある事を知っておきましょう。

本来不動産業者には事故物件である事を告知する義務がありますが、告知すると売れないことから黙っていることが多いのです。

自殺物件のような場合でも、何十年も経過している場合は告知しなくてもいいケースがあります。

しかし時間が経っていても住む方にしてみればいい気持ちはしません。

任意売却は住宅ローンの支払いが困難になった場合に適用されますが、事故物件だからという理由では任意売却できません。

こういうケースでは任意売却はできませんが、不動産屋に損害賠償か契約解除の手続きを必要とします。

事故物件という事が後で発覚したからといって、住宅ローンの返済をしないと最悪競売にかけられる事になるので、事前に専門家に相談して損害賠償や契約解除の手続きをしておくようにしましょう。

事故物件の場合はそれに応じた対処が必要です。