キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 自殺物件とわかった場合は? : 仙台市の任意売却がもっと好きになるサイト

仙台市の任意売却がもっと好きになるサイト

任意売却にも条件がありますが、自殺物件だと後からわかった場合は仙台市での任意売却可能なのでしょうか?

仙台市の任意売却がもっと好きになるサイトのメインimage

新着記事

任意売却は債権者の意見優先

仙台市の任意売却に関しては、債務者と債権者、第三者的存在の専門家が話し合いをします。同意を得て初めて成立します。

任意売却の依頼から解決までにかかる時間

仙台市で任意売却をすることになった場合、解決までにはどのくらいの時間がかかるのでしょうか?

自殺物件とわかった場合は?

仙台市で家を購入する時、平均よりもかなり安い場合は、理由を確認したほうがいいかもしれません。

必ずしもそうとは限りませんが、中には訳あり物件だから格安にしている可能性があるからです。

仙台市の相場よりかなり安い場合は、俗に言う事故物件の可能性があります。

事故物件というのは過去に事故や自殺があった物件という意味です。

事故物件は心理的瑕疵物件と呼ばれますが、不動産業者は告知義務があります。

もしも告知なしで後から事故物件とわかった場合は、重要事項告知義務違反となります。

しかし一般にはこのような事故物件は簡単に売却できませんし、任意売却は住宅ローンの支払いが困難になった場合のみ適用される制度ですから、債務者都合での任意売却はできません。

ではどうしたらいいか?

これについては、事故物件などの売買をしている業者を探すしかありません。

任意売却はできませんが、専門業者が買い取る事で解決する事があります。

ただし買い取ってもらえるとしても、一般市場では敬遠されるため、市場価格よりも安い価格となってしまいます。

競売よりはマシですが、市場価格を期待するのは厳しいでしょう。

売却できたとしても、市場価格の5分の1もしくはそれ以下となります。

住宅ローンを全額返済できない場合は、残債務が残ります。

このためにも、あまりにも格安な物件はよく調べて、安い理由をはっきりさせておく事が大切です。

自殺物件のような場合は、ほとんどが嫌がりますから告知せず売ろうとする事もあります。